かもめインターネットでIPv6を使うことはできる?

 

・ IPv6企画で出来ることとは?
・ かもめインターネットはIPv6に対応している?

 

 

インターネットを使ったサービスは今ではかなり多くなっています。
単純にインターネットに接続するだけではなく、TVや電話を使うサービスもあります。

 

 

また家電製品のスイッチを屋外でネット接続していれるなど、遠隔操作のサービスも
始まっています。

 

 

ただこのようなサービスに対応しているプロバイダは意外に少なく、どんなプロバイダが
対応しているのかもわからない方が多くいます。

 

 

新しいサービスを利用するためには新しいインターネットプロトコル、ネットへの
接続規格に対応している必要があります。

 

 

このインターネットプロトコルは現在バージョン4、IPv4という規格が主流です。
そして新しくIPv6という規格が出来て、今はそちらを使ったサービスも増えています。

 

 

ただこのIPv6は対応しているプロバイダ以外は使うことが出来ません。
全てのプロバイダが対応しているわけではないのです。

 

 

例えば今多くの方が注目している規制のないプロバイダのかもめインターネットは
このIPv6に対応しているのでしょうか?

 

 

IPv6のメリットやデメリットと合わせて調べてみましょう。

 

 

かもめインターネットはIPv6に対応している?

 

・ IPv6方式対応プロバイダとして紹介されている
・ P2P方式にも対応している数少ないプロバイダ

 

 

IPv6方式の最大のデメリットは対応しているプロバイダが少ないこと。
そもそもプロバイダはP2P方式の通信を規制しています。

 

 

P2P方式の通信はユーザー同士を直接回線でつなぎます。
サーバーを通さない分だけ回線の負荷が減り、回線速度が上がります。

 

 

Skypeなど直接画像と音声をやり取りするソフトで使われている技術ですが
一時期話題になったファイル交換ソフトでもこの技術が使われています。

 

 

その為にプロバイダではファイル交換ソフトの利用を制限するためにP2P方式の
通信を規制することにしています。

 

 

IPv6方式の通信で特徴となっているP2P通信を規制しているので対応している
プロバイダが少なくなってしまうのです。

 

 

でもかもめインターネットはこのP2P方式の通信を規制していない数少ない
プロバイダの一つです。

 

 

規制のないプロバイダ、として注目されているかもめインターネットでは
IPv6方式にも対応しています。