かもめインターネットはIPv6のIPoEに対応している?

 

・ IPv6にするメリットはある?
・ IPoEに加入する方が良い?

 

 

インターネット回線はかなり高速で安定した通信が出来るようになりました。
光回線が一般的にかなり普及しているのも大きな要因です。

 

 

多くのサービスが光回線で利用できるようになり、人によってインターネットは
ライフラインの一つという方もいるほどです。

 

 

でもそのインターネットを更に快適に使うために通信速度を高く、安定した通信が
出来るようにしたいという方も多くなりました。

 

 

そこで最近注目されているのがIPv6方式の通信です。

 

 

従来の光回線はIPv4という方式の通信を行っていましたが、これよりも高速で
通信ができる新しい回線接続方式がIPv6です。

 

 

ただしこちらの方式に変更するには今まで使っていた接続機器を交換する必要があり
設置費用がかかるというのがデメリットになっていました。

 

 

でもNTTではIPv6のIPoE方式という新しい接続方法を提供しました。
こちらにすることはどんなメリットが有るのでしょうか?

 

 

またIPv6に対応しているかもめインターネットはIPoEも設定できるのでしょうか。
新しいネット接続方法について調べてみます。

 

 

IPv6方式にする方が良い?

 

・ 通信速度が上がる可能性がある
・ 周辺機器が対応している必要がある

 

 

まずはIPv6方式の回線に変更した方がいいのでしょうか?
メリットとしては光回線の通信速度が上る可能性はあります。

 

 

インターネット接続のための混雑を避けることができる可能性があるので
IPv6方式にすることで通信速度が上る可能性があります。

 

 

現在の光回線がさらに快適になる、と言うのは魅力的なのですがデメリットも
当然あります。

 

 

まず対応しているのはフレッツ光ネクストのみです。
通常のフレッツ光には対応していません。

 

 

更にIPv6方式の通信では今までのIPv4方式とは違うので同じルーターを
使うことが出来ません。

 

 

通信関係の周辺機器をIPv6対応に買い換える必要があります。
この分の出費が人によってはかなり厳しいものになります。

 

 

そして必ず通信速度が上がるわけではありません。

 

 

ただしIPv6のIPoE方式では一応従来のルーターなどが使えるようになっています。
ただIPv6バススルーという機能が必要になります。

 

 

NTTからレンタルしているルーター以外の製品を使っている場合はやはり対応機器に
変更しなければいけない可能性も・・・

 

 

それとNTTやプロバイダへの申込みも必要になります。

 

 

IPv6/IPoEの利用には申し込みが必要?

 

・ NTTとプロバイダに申し込みが必要
・ 工事費などが必要になる可能性も

 

 

対応機器を持っていても自動的にIPv6回線を使えるわけではありません。
回線提供しているNTTとプロバイダに申し込みをすることも必要です。

 

 

NTTへの申し込みは専用のサイトからも出来るのですが、まずはIPv6通信に
対応しているのかを確認することも必要です。

 

 

サービスサイトに接続できれば環境は整っていると判断できます。

 

 

申込後、場合によっては工事が必要になります。
光回線の設置工事のような自宅での工事はありませんが費用がかかります。

 

 

月額料金はかかりませんが、コストがかかることも覚えておきましょう。
更にプロバイダにも連絡をする事が必要になります。

 

 

そしてこのIPv6/IPoEに対応しているプロバイダはまだかなり少ないのです。

 

 

かもめインターネットはIPoEに対応している?

 

・ 現状ではPPPoE接続
・ P2P方式の通信に対応しているのでIPv6のメリットは少ない?

 

 

ではかもめインターネットはIPv6方式に対応しているのでしょうか?
基本的には対応しているのですが接続方式がPPPoE方式です。

 

 

つまりIPoEには対応していません。
ただし現状でP2P方式の通信の規制がないのでIPv6のメリットも大きくありません。

 

 

IPv6方式にすることでユーザーのパソコン同士をつなぐことが出来るというメリットが
出来るのですが、この場合他のプロバイダでは規制がかかる可能性があります。

 

 

でもかもめインターネットではP2P方式の通信を規制していません。
現状でも問題なくP2P方式の通信を行えるのです。

 

 

確かに回線速度が上がるというメリットには魅力がありますが、かもめインターネットは
固定IPサービスなど他のサービスにも魅力があります。

 

 

特に複数の固定IPを使いたい場合、月額料金が5,000円程度で8個の固定IPが
使えるというのはとても安いプロバイダです。

 

 

かもめインターネットのメリットはP2P方式の通信の規制がないことと
固定IPを安く利用できることです。

 

 

通信速度に関しても大手プロバイダに比べるとかなり速くなるという口コミも
多く見られるので現状そこまで不満は出ないと思います。

 

 

現在でもフレッツ光ネクストには対応しているので今後プロバイダとしても
IPoEに対応する可能性は考えられます。

 

 

今後のサービス展開に期待することは十分できるので、後はかもめインターネットの
対応を待つことになります。